差し歯の種類

保険の差し歯(さしば)

保険制度では、差し歯は通常「レジン前装冠」という金属にレジン(プラスチック)を貼り付ける方法を前歯に用いますが、他の歯と色を合わせたりする事が出来ず、粒子が大きく材質が柔らかい為、使っている間に変色して摩れてきてしまいます。 その為、長い年月お使い頂くには不向きです。

インプラント

歯の根から失ってしまった場合は、インプラントという、金属を埋め込み、骨と結合させ、その上から被せ物をつける方法があります。

 

オールセラミックを利用する際に実際に患者様に頂いたご質問を掲載致しております。

>> 質問をご覧になる方はこちら